当サイトの使用テーマ:「SWELL」を見てみる >>

【東京ディズニーリゾート】2021年春からパークチケット価格が変更|アーリーチケットも有料に!?

皆さんこんちには!
mickey naviの管理人 coroです!

巷で話題のディズニーチケット価格変更についてまとめてみました。

どのチケットがどれくらい上がったの?
年パスはどうなるの?
既に買ったチケットも価格が変わるの?

などなど、新価格にまつわることを分かりやすく紹介したいと思います。

目次

2021年3月20日以降からパークチケットが値上げ

先日、東京ディズニーリゾートのパークチケットの値上げが話題になりました。

チケットの変動価格制を導入することで、パークの混雑を緩和する狙いがあるようです。

また、2023年春にオープンする新エリアの大規模拡張計画の影響もあるみたいですね。

実際どのくらい値上げされたの?

土日祝・春休み・GWなどの繁忙期は、大人のワンデーパスが現在より500円高い8,700円になりました。
その他パスポートも下記価格内で変動があります。

券種 区分 価格変動制
(2021/3/20〜)
現在
(〜2021/3/19)
1デーパスポート 大人(18歳以上) 8,200円~8,700円 8,200円
中人(12~17歳) 6,900円~7,300円 6,900円
小人(4~11歳) 4,900円~5,200円 4,900円
入園時間指定パスポート
(午前10時30分~)
大人(18歳以上) 7,700円~8,200円 7,700円
中人(12~17歳) 6,500円~6,900円 6,500円
小人(4~11歳) 4,600円~4,900円 4,600円
入園時間指定パスポート
(正午12時~)
大人(18歳以上) 7,300円~7,700円 7,300円
中人(12~17歳) 6,100円~6,500円 6,100円
小人(4~11歳) 4,300円~4,600円 4,300円

今後、アフター6やスターライトパスポート等の特別チケットについては現在販売を中止しているため、後ほど発表されるようです。

年パスはどうなるの?

現在販売中止となっている年間パスポート。
こちらについても今後の情報は、2021年3月末までに発表があるようです。

いずれにせよ、更に入場規制のある年パスや、高価格帯な全日入園可能の年パスなど、様々な可能性があるので今後の情報に注目ですね!

既に買ったチケットはどうなるの?

既に買ったチケットで日付変更がある場合、差額分を払って購入対応になるのではないかと思われます。

公式では詳しく発表されていませんが、時間制限チケットの価格変更の際、差額分を払ってチケットを予約しました。
恐らく同じ対応で運営していくのではないかと思います。

アーリーチケットがついに有料へ

アーリーチケットとは、ディズニーオフィシャルホテル宿泊者限定で、チェックインから翌日以降の宿泊日に1時間早く入園できるものです。

今までは宿泊者限定の無料サービスでしたがついに有料へ。

現在発表されているのは、下記の通りです。

ディズニーホテル宿泊者向け「アーリーエントリーチケット」
・価格   :3,000円(税込)
・入園時間 :午前8時〜
・対象パーク:東京ディズニーシー
・対象期間 :2021年2月20日(土) ~ 3月31日(水)入園分
・販売開始日:2021年2月19日(金)
・販売対象日:チェックイン日の翌日以降のホテル滞在日(チェックイン日は対象外)
※パークへの入園には、別途、1デーパスポートのご購入が必要となります。
※アーリーエントリーチケットで体験可能な施設・サービスには限りがございます。
※アーリーエントリーチケットの価格や内容は、変更になる場合がございます。詳細は今後、東京ディズニーリゾート・オフィシャルウェブサイトにてご案内いたします。

引用元:東京ディズニーランド®/東京ディズニーシー® チケットの変動価格制導入について

まとめ

コロナ下で日々運営の変わりつつある、東京ディズニーリゾート。

今回は話題のチケット新価格についてご紹介しました。

混雑緩和や新エリア拡大のために値上げは仕方ないのかもしれないですね。

なかなか敷居は高くなりつつありますが、夢と希望の溢れるエンターテイメントを届けてくれるディズニーリゾートに感謝しながら、日々節約してパークに訪れ続けたいと思います!

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる